太郎日記’79J

「やったろうやないの。」な太郎のblog
技術ネタはタロタローグに任せて、こっちはニュースメインで。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
MySQLによるタフなサイトの作り方
MySQLによるタフなサイトの作り方 (JUGEMレビュー »)
佐藤 真人,桑野 章弘,岡田 達典,大黒 圭祐
MySQLだけでなく、DBサーバやアプリの設計など、あらゆる手段を使ってタフなサイトを作る本である
最新記事
あわせて読みたい
あわせて読みたい
なかのひと
ClusterMaps
CM by JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | 個別記事 | - | -
映画感想 ミッション8ミニッツ
映画通程騙されると言う触れ込みだったので、
「通ぶって観にいくとつまらなくて騙される」
の意味だと思ったが、俺は嫌いじゃない。
続きを読む >>
映画感想 ステキな金縛り
ステキな金縛り観た。
これは面白い!
笑えるって意味でも、感動方面も。
素晴らしい名作。
続きを読む >>
映画感想 カウボーイ&エイリアン
今年流行りの宇宙人侵略モノと、
西部劇の融合と言うナイスアイデアに惹かれて観に行った。
続きを読む >>
映画感想 マネーボール
マネーボールをみてきた。
正直野球、特にメジャーとか全く知らないが、
話が面白そうだったので期待していた。
そして、期待に答える内容だったと思う。
まぁ、正直ブラピ演じるGMより、
相棒のピーターだったかの方が活躍してたというか、
大卒新人でいきなりあの状況って、かなり映画的だった。
ブラピはどちらかと言うと、師匠ポジションだった。
続きを読む >>
トランスフォーマー ダークサイド・ムーンのヒロイン変えたバカは何処だ出て来い!

トランスフォーマーの最新作、「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン(Amazon)」の先行上映に行ってきた。
そこで、感想を書く。
文句ばっかりで凄いネタバレぶりなので、観てない人は続きを読まない方が良い。

なお、3Dとしての迫力は「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉」とは比べ物にならない良さで、
迫力満点だった。あのデカイロボット達がガッツリ迫ってくるので、非常に楽しい。
あと、予告編で流れたAlwaysの3D版の、東京タワーの3Dも凄い。

いや、トランスフォーマー本編の方が凄い。
凄いが、動きも凄いのでついていくのは至難のワザだ。

続きを読む >>
「デイブレイカー」は一見の価値がある吸血鬼映画
 DVDで「デイブレイカー」という吸血鬼映画があったので、借りた。
結構な新作のホラー映画で、世界観が面白い。

ストーリーは「アイアムレジェンド」に近い感じで、
吸血鬼に支配された未来の話。
支配というか、皆が吸血鬼になって、いまや人間は人口の5%という状況。
そのせいで、吸血鬼の一般市民たちが血液不足に苦しんでいる。

ゾンビとか吸血鬼で世界が溢れかえる映画は結構多いが、
大体が主人公は人間で、必死でゾンビとかから逃げる展開なのだが、
この映画の吸血鬼は人間と変わらない理性を持っており、普通に社会生活を送っている。
血液がないので人工血液を造ろうとしたり、人間を家畜っぽく飼育して、
血液をゲットしようとしている。

この中で吸血鬼を人間に戻そうとする人、人道的側面から人間の血を拒む人など
色々出てきて頑張るという展開。
終始理性的な感じで話が進むが、血液不足で吸血鬼が怪物化するので、最後の方は
皆理性をなくして大変な事になってきている。

ただ、オチはちょっとぶん投げたかなって言う印象。
もうちょっと練りこんで欲しかったというのが本音だ。

ただ、ラストに持っていくところは面白いので、ラストは自分で想像してもらう形で
楽しんでもらいたい。
映画「特攻野郎Aチーム」は、最高のエンターテイメント作品だった
久しぶりに映画を観た。
観るのが楽そうな「特攻野郎Aチーム」だ。
予想通り楽だった。そして、面白かった。

CMにもあった戦車が空を飛ぶシーンとか、
B.Aが飛行機嫌いになるシーンとか、思わず笑ってしまう。
で、最後の方はシリアス展開。
見ごたえ抜群だった。
ただ、もしかしたら続編は要らないかもしれない。
あるとしても、新しいテレビシリーズが観たいな。
DVD感想祭り

色々と借りたDVDについて感想を述べていく。
基本短いが容赦のないネタバレに注意。

続きを読む >>
セガールとゾンビ、戦わせてもしょうがない

スティーブン・セガール主演のゾンビ映画「斬撃 -ZANGEKI-」をDVDで観た。
セガールといえば最強の男として有名だが、ゾンビ相手の戦いでは、
その側面がいっそう強調されていた。
ただ、正直言うとこの映画はつまらない。感想を簡単に書く。

続きを読む >>
【ネタバレ感想】アバターは、3Dでなければ駄作なのに、賞レースに参加するなんて調子に乗ってる

話題の映画、アバターを公開が終わる寸前に観てきた。
近所の映画館では来週からモルモットのCG映画に切り替わるので、
その前に観られてよかったといったところか。

しかし、3D映画なんてそんなに凄くないだろうと思ってなめていた。
その点については認識を改めざるを得ない。
はっきり言って3Dは凄い。
これから全ての映画が3Dになるだろうと言うのも、納得の凄さだ。

何せ、あの平凡なストーリーと冗長な映像表現の、
どう考えても深夜映画にしかなれないような出来だったアバターが、
あれほど美しく、面白い映画になっていたんだから、
本当に3Dは凄い。

アバター ブルーレイ&DVDセット【初回生産限定】

続きを読む >>

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"