太郎日記’79J

「やったろうやないの。」な太郎のblog
技術ネタはタロタローグに任せて、こっちはニュースメインで。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
MySQLによるタフなサイトの作り方
MySQLによるタフなサイトの作り方 (JUGEMレビュー »)
佐藤 真人,桑野 章弘,岡田 達典,大黒 圭祐
MySQLだけでなく、DBサーバやアプリの設計など、あらゆる手段を使ってタフなサイトを作る本である
最新記事
あわせて読みたい
あわせて読みたい
なかのひと
ClusterMaps
CM by JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | 個別記事 | - | -
Google vs Android開発者

GoogleとAndroid開発者とのトラブル(InfoQ)

Googleが、最近、Steve Kondik氏に対して停止命令を出した。Kondik氏は、CyanogenModを作ったAndroid開発者として知られている。CyanogenModは、無料で公開されているカスタマイズしたAndroidファームウェアであり、 Maps、GMail、Talk、YouTube、Marketなどのオープンソースではないアプリケーションをバンドルしている。これがGoogleと開発者の最初の衝突だと見る人もいる。
Androidを改造し、本来公開されていないGMailなどの機能を付けて公開していた
開発者が、Googleから公開の停止を命令されたと言う話。

Googleの行動が間違いだと考える人もいる。
また、Googleは開発者に無関心なことを示していると考える人もいる。
開発者としては、全部を公開して欲しいだろうし全機能が使えるのが当然だとか、
そんな思想を持つかもしれないが、そういう考え方って、
水着写真を出しているグラビアアイドルに向かって、
全部脱げ、全裸になれとか言ってる
ようなもんだよなー。
でも、水着はオッケーでも全裸は放送も出来ないし、本も売れない。
法律で裁かれちゃうわけで、それは水着とは全然違うんだよね。
同じように、Googleがビジネスとして勝負したい所は、ちゃんとクローズドとして
とっておいてやるというのが、OSS開発者としての勤めなんじゃなかろうかと、
俺なんかは思うね。

Microsoft vs 海賊

中国ユーザー、Microsoftの海賊版対策に激怒(ITmedia News)

海賊版Windowsの画面を真っ黒に変えるMicrosoftの対策を、中国のユーザーが「ハッキングだ」と非難している。(ロイター)
Microsoftが中国で海賊版対策ツールを立ち上げたらしい。
こちらのニュースによると、海賊版と判断されるとログオン時に壁紙が真っ黒になり、
直しても60分後にはまた真っ黒な壁紙になるらしい。
MSの新「WGA Notification」、海賊版の画面を真っ黒にして警告(ITmedia News)
海賊版XPにWGA Notification最新版をインストールすると、60分おきに真っ黒な壁紙が表示されるようになる。
で、これに対し中国ユーザが「ハッキングだ」と言って激怒しているらしいぞ。

続きを読む >>
Google法務責任者の顔が、既に俺たちを馬鹿にしている。

ストリートビューのプライバシー問題に関する、Googleの法務責任者のお話。
まず、この顔写真が良くない。上から目線で、日本人をなめてる。
また、回答が駄目。日本人を完全になめてる。

まずこれ。

われわれはオプトアウト(撮影・公開した後、問題があれば通知してもらい、削除する)の方がより重要で効率的な方法だと思っている。
この勝手な言い分。
自分たちにとって効率的だという理由で、他人のプライバシーを平気で侵害しますよと宣言している。
また、私道に勝手に入っている事からも、自分たちにとって効率的だという理由で、法律も無視しますよと宣言しているも同じだ。

で、これ。

車に「撮影中」と書いてあっても、外出中に自宅が撮影されてしまったら意味がない。
しかし、家に居れば撮影中だとわかる。
その時点で通知をすればよいようにすれば良いのだ。
外出中の人にとっては意味が無くても、そうでない人にとっては意味がある。
念のため両方やる
と言う姿勢が無いGoogleは、やはり利己的といえる。

次これ。

ミスで私道に入ってしまった場合は申告してもらえれば削除する。Googleマップにも、ユーザーが私道の情報を追加してほしい。
これはつまり、
俺達は怒られない限り何度でも貴様らの家に勝手に侵入するし、謝りもしない。
嫌なら俺たちのルールに従って申告しろ
と言うこと。全く歩み寄りの姿勢が無い。

これも。

カメラ位置を低くするという選択肢もあるが、そうした場合は人の顔がより多く写ってしまう恐れもある。
カメラが高い→家の中まで見えるので問題有
カメラが低い→人の顔が写るので問題有
つまり、カメラが高かろうが低かろうが駄目→サービス自体に問題があると言うことでは?

あとこれ。

米国で1件、私道と知らずに通って家を撮影してしまい、削除したケースで、家を撮影されて精神的苦痛を受けたとして、賠償を求める訴訟が起きている。だが写っていた家は今売りに出されており、写真をネットで閲覧できる。一体何が問題だったのだろうか。
ワケの分からんカメラを付けた不気味な車が勝手に入ってきた上にプライバシーを公開され、精神的苦痛を受けたのでもうこの家は嫌だ、と言う理由で家を売り、引っ越したと言う可能性を考慮していない。ユーザのことを一切考えず、自分たちに都合の良いようにしか捕らえてない。

また、削除要請に対して、

電話でも受け付けている。
とのことだが、こちらの記述と矛盾する。
横浜市墓地条例に違反したグーグル社、市の削除要請にも真っ当に応じず
担当者は、メールで図を送れないこともあって、グーグル株式会社に電話で要請しようともしたそうだ。しかし、何回電話してみても、自動応答に番号を選んでいくと人が出る前に電話を切られてしまい、話をすることができなかったという。
本当に電話を受け付けているなら、インタビュー中に電話して削除してみればよかったのだ。
そうすれば事実と分かる。
自分たちにとって輝かしい自慢のデモはやって、都合の悪い事はデモしないと言う利己的な姿勢が分かる。

全体的に見て

改善を検討したい。
改善を検討する。
このような言い方が目立つ。日本的には、これは「何もしない」の言い回しだ。
つまりインタビュアーが「Googleは改善する気が一切無いな」と感じ、この言い回しを使ったのだろう。
また、Googleは
Googleは検索サービスが人気を集めて10年で急激に大きくなった会社。より多くのサービスを展開しようと思えば、システムの多くは自動化し、オンラインサービスという形を取らざるを得ない。
このような、身勝手な主張ばかりしている。
プライバシーに関わる問題なのだから、急激に大きくなろうが関係ない。
しかも、自分たちが多くのサービスを展開したいと言う理由で他人のプライバシーを侵害すると言うのは身勝手だ。
プライバシー問題に対処するために、サービスの展開を遅らせると言う選択肢もあるし、
そもそもストリートビューを止めればいいだけのことだ。

全体的に見て、記者もGoogleの態度に辟易し、半ば絶望しているのではないだろうか?
そのような印象だった。
ただ、やはりGoogleストリートビューは一度潰すべきだと思われる。
その上で、改善点を洗い出してからもう一度やればいい。
現在は時期尚早で、Googleの準備不足だということは明白だ。

しかも、泥棒や盗撮・テロリストなどの反社会的な方々がGoogleストリートビューの撮影者を偽って、
そこら中を撮影し出したら大変だ。
今はそんな事無いと言う反論があるかもしれないが、
あってからでは遅いのだ。Googleストリートビューの撮影車に対しては厳しく臨もう。
奴らが私道に入ったら、出口を塞いですぐ通報だ!

特定サイトのRSSを受信するだけのアプリと言う概念が認められない
5分でブログをiPhone対応に(Earthnut.net)
iPhoneが発売されるのを今や遅しと待っているわけですが、ただ使って楽しむだけではWeb屋の端くれとしていかんなと思い、SDKをダウンロードして色々触っていたら、とても簡単にブログをiPhone対応にできた。マジ5分でできる。ひょっとしたら5分もかからん。 ※もちろんSDKをダウンロード済みなのが前提
何か昔UIEngineとかOpera Widgetでも似たようなサービス見たな。
RSSを受信するだけのアプリを生成するサービスが。 そいつらはWeb上だったけど、流石にiPhone用だと無理なのか。
技術的にか、他の理由かは知らんけども。
検索でFlashの秘密が暴かれる!?

Flashを検索しやすく――AdobeがGoogle、Yahoo!と提携(ITmedia)

Adobeがこれまで検索に引っかかりにくかったFlashコンテンツを、検索インデックスに取り込めるようにした。
FlashコンテンツをGoogleやYahooが見つけてくるらしい。
どんな技術なのか知らないが、例えばフォント埋め込み用に
無意味な文字の羅列を見えないフィールドに入れてたり、
むしろフォント埋め込み用に、必要な文字を使って卑猥な文章を(開発者のお遊びで)
入れていたりしたら大変な事になりそうだ。
と言うか、そういう面白コンテンツ見つかるのが流行らないかなー。
昔のファミコンのROMの開いてる部分に落書きしてた話みたいに。

一応「ヴ」な所が余計に・・・
“安心できる”デスクトップ仮想化を、ヴイエムウェア(@IT)
ヴイエムウェアは6月18日、同社のデスクトップ仮想化ソリューション「VMware Virtual Desktop Infrastructure」(VDI)について説明した。VDIはデスクトップOSをサーバ仮想化プラットフォーム上で動作し、これをいわゆるシンクライアント端末やPCからネットワーク経由で遠隔操作する形のシンクライアント・ソリューション。ターミナルサーバ技術によるシンクライアント・ソリューションの主要ベンダであるシトリックスシステムズが同様なデスクトップ仮想化を実現する「XenDesktop」の投入で追撃しようとしているが、ヴイエムウェアは先行ベンダとして突き放しを図る。
記事の内容は置いといて、今って会社名「ヴイエムウェア」なんだ。
カタカナにするとこの上なくダサいな。
特に「ヴ」。
JUGEMテーマ:コンピュータ
Miku→MikuMikuDanceが来たなら、Gackt→GackGackDanceは間近だな。

噂のVOCALOID、「がくっぽいど」だが、今後の展開としては
やはりPV作成用にMikuMikuDanceならぬGackGackDanceが登場するのだろうか?
と言うか、Gacktは過去にゲームのモデルになってる(武刃街:劉王羽)ので、
このゲームから3Dデータを引っ張り出せば、かなり強力なGackGackDanceが作れることは間違いない(違法だが)。
そうすれば、完全に「オレオレGackt」が町に溢れ返るのだろうか?
で、その内本当のGacktの楽曲が違法アップロードされた際にも、
「いや、がくっぽいどですから!」
とか言う言い訳が流行るのだろうか?
おお〜、楽しみが尽きない!早くがくっぽいど発売しろ!!

JUGEMテーマ:Gackt
いや、もしかしたらGacktは、はじめっからVOCALOIDだったのかも・・・?

Gacktの声で歌うソフト VOCALOID「がくっぽいど」6月発売(ITmedia News)

Gacktの声を元に合成した音声で歌うソフト「がくっぽいど」が本当に発売される。「初音ミク」と同じヤマハの「VOCALOID2」を活用した。
歌手「Gackt」の声で歌うVOCALOID2使用ソフトが、
「インターネット」社から発売されるらしい。
今回はクリプトンじゃない会社が出すのか。
GUIが違うとかファイルフォーマットの問題で初音ミクや鏡音兄弟で培われてきた技術が使えない
って事になりそうなのが残念だが、Gacktもまた思い切った事するな。
もしかして、最終的には自分は歌わずに100%マシンだけの力を使ってアーティスト活動する気なのか?
次のGacktのシングル、実は「がくっぽいど」でしたみたいな。

つか、ミク・リン・レン・KAITO・MEIKO・Gacktと、これだけキャストが揃ったら、
そろそろオペラでも作れそうな気がするな。
誰かやって欲しい。
JUGEMテーマ:Gackt

続きを読む >>
Flash技術の普及を、たくさんの人が目指しているようだ。
Flash技術の普及を目指す「Open Screen Project」が発足(マイコミジャーナル)
Adobe Systemsは5月1日、FLASH技術の普及を図る業界団体「Open Screen Project」の設立を発表した。今後はFlash技術のオープン化を進め、さまざまなデバイスでFlashベースのリッチインターネットアプリケーションを実行できるよう環境の整備と普及を目指す。
Flashをよりオープンにしようと言う話だろうか?
組み込み向け野良Flashプレイヤーでも出てきてくれないかな〜?
と言うAdobe側の野望かな?
はてなワールドの流行語は、「うっ ペラペラだ」に違いないと『新しいの』が言ってた。

Second Lifeはてな版? 仮想世界「はてなワールド」β公開

3次元マップ上をアバターで歩き回ってチャットできる「はてなワールド」が公開された。アバター画像は自分で描くことができ、フィールドはGoogle Maps。“ネット的”な発想で、新しいコミュニケーション基盤を築く。(2007年12月13日 16時58分)
Second Lifeのようにバーチャルな3次元世界を動き回ってコミュニケーションできる、
はてなワールド」が始まったらしい。
現状クローズドβで近寄ることは出来ないが、
マップをGoogle Mapから拾ってきていたりして、工夫があって面白い。

しかもはてなは色々なサービスを持ってるから、Second Lifeより面白いサービスが作れそうだ。
はてなブックマークを地図上において、辿り着いたら見られるとか、
はてな匿名ダイアリーの記事も世界中に散らばって配置されそうな気もする。
地図を使って、メッセージを特定の場所に残し、見つけてもらう楽しみと言うのが作られそう。
あと、Yahoo! Pipesみたいなのと連携して(独自サービスでもいいが)、
地図上のある範囲内で交わされた公開チャットとかをRSS配信してみたりとか。
地図があると色々楽しめる。

あと、Google Mapsを使ってるってことで、
Androidと連携して、リアルに今居る場所にアバターを出現させることが出来るかもしれない。
さらに、プライバシーを守るために指定した公開相手しか存在しない世界とかも出来るのか!?
それは凄いな!

すげーやりたい!

ただ、記事中一番気になったのはコレ。

(注:はてなワールドは当初8月下旬のリリースを予定しており、インタビューは8月に行ったものです)
うひー伸びてるな〜。

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"