太郎日記’79J

「やったろうやないの。」な太郎のblog
技術ネタはタロタローグに任せて、こっちはニュースメインで。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
MySQLによるタフなサイトの作り方
MySQLによるタフなサイトの作り方 (JUGEMレビュー »)
佐藤 真人,桑野 章弘,岡田 達典,大黒 圭祐
MySQLだけでなく、DBサーバやアプリの設計など、あらゆる手段を使ってタフなサイトを作る本である
最新記事
あわせて読みたい
あわせて読みたい
なかのひと
ClusterMaps
CM by JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | 個別記事 | - | -
Flash形式ブログパーツ2つ載せようとしたら失敗したでござるの巻
この2つ並んだものは何かと言うと、LinkShare内でセブンアンドワイが展開してるブログパーツ「今日の中吊り」。
で、何で2個並んでるかだが、元々1個サイドバーに掲載した上で、
前のエントリ内でこの中吊りブログパーツを誉めるような
内容の部分があったんで、
参考のためにエントリ内にブログパーツを埋め込んだら、
エントリ内ではなく、サイドバーに2個出たって話。
何故かと言うと、Flash系のブログパーツは大体、
特定のidを持ったdivタグとかにJavaScriptでswfコンテンツを放り込むから。
で、HTMLの作り上先に出てくるサイドバー部分に丁度その、
「中吊り広告ブログパーツを放り込むためのタグ」があるので、
2個ともそっちに行っちゃったと言うワケ。
これは、ちょっと気をつけなきゃなーと思ったけどね。
ブログパーツを気に入ってもらえて、
サイドに貼ってもらえた上に記事で紹介してもらったのに、
サイドに2個並んじゃってキレられて両方消されるとか最悪。
Flex版メタセコビューワなんてどうでしょう?
あけましておめでとうございます。
随分ブログを放置していたが、その間帰省とかしてた。
後は、Metasequoia周りのPapervision3Dクラスをいじったり。
実際かなり出来た。
MetasequoiaクラスはMetasequoiaの新機能木構造やローカル座標を実装してみた。
が、ローカル座標がある(ローカルの原点が(0,0,0)以外)の場合、
グローバル座標を捨てた。

あと、MetasequoiaMaterialはキャッシュ機能を付けてみた。
それから、メタセコイア用のビューワを頑張って作り中。
こんなイメージです。
現在のモノはこちら
ホイールでズーム、左ドラッグで回転。
かぐぁみねが開放されたので早速使う。
しかしかぐぁみねって長くて言い辛い。

ぐあみねじゃダメなのか?

あと、コイツは装備が多くてギミックが思いつかない。
何を振ればいいの?
玉葱投げればいいの?
誰か早くPV作ってよ!
JUGEMテーマ:アート・デザイン
LOAD TO NEGI (5):ネギ振り完了

と、言うわけで、俺もようやく初音ミクにネギを振らせる事に成功。
ネギを振らせるためにモデルを分割して、腕+ネギと体の2つをロードしてる。
テクスチャ画像の読み込み量を考えると何たる無駄って感じ。
これは、MetasequoiaMaterialクラスを改造して、画像キャッシュ機能を付けねば。
しかし、みんな色々やってるな。
ミクモデルの作者の人が紹介してるだけでも凄いバラエティだ。

続きを読む >>
LOAD TO NEGI (4):MetasequoiaMaterialクラス完了。アルファマップが適用可能に。

色々と改善点はあるだろうが、ずっと頑張っていた、
「透明マップも反映出来るMetasequoiaクラス」を実現してみた。
Metasequoiaクラスの方を改造するのが大変だったので、
思い切ってMaterialクラスを新規に作成。
これを改造していけば、普通に通常マップと透明マップを読めるようなMaterialになるんじゃない?
例えばコンストラクタの引数をMaterialチャンクの1行分だけでなく、
ちゃんと色情報とパスを受け取る形にするとか。
あと、今回のMetasequoiaMaterialクラスは設計考え無しもいいところなので、
多分もっと綺麗なソースになるはず。

しかし、そろそろネギを振らないと。
ネギブームが去ってしまう。

11月28日追記:
一応ネギは振れるようになった。
今後は、MetasequoiaクラスとMetasequoiaMaterialクラスを改良するつもり。
その間に、誰かがMD2とかのアニメーションがらみを整備してくれることを祈る。

続きを読む >>
LOAD TO NEGI (3):Metasequoiaクラスの改良

さて、初音ミクのMetasequoiaモデルの読み込みに使うMetasequoiaクラスだが、
作者のrch850さんがコメントして下さった所によると、
色々とバージョンアップしたものが手元にあるようで、
さらにブログの方で、バージョンアップの表明をしてらっしゃるので、
近々パーツごとに読み込めたり色々バージョンアップしてるものが出ると思う。
なので、これから書く記事は意味なくなるかも知れんが、
俺も俺なりにMetasequoiaクラスを改良してみた。

今回の議題は、
[PV3D][Away3D] Metasequoiaクラス(note.x)

(前略)
うーん。重いのはまぁしょーがないとして、左右が反転してるのは何で?Metasequoiaクラスの改造がマズかったかな。
この話。
Metasequoiaクラスでモデルを読み込むと、
何故かモデルが左右反転してると言う問題。

続きを読む >>
LOAD TO NEGI〜Papervision3Dで初音ミク〜(2):アルファマップの作り方

さて、Metasequoiaクラスがアルファマップを読み込んでないと言う話だが、
とりあえず一歩前進した。
ひとまず、アルファ画像とテクスチャ画像を読み込み、
透過すべき部分を透明表示できるようになった。
ということで、今後はMetasequoiaクラスのテクスチャ構築ロジックを改造し、
テクスチャとアルファからビットマップを生成してマテリアルとして利用できるようにするわけだ。

続きを読む >>
「あなたの隣にはちゅねミク」、スーパーα版を作ってみた。

最近はちゅねミクモデルに結構ご執心だったのは、
ちょっと最近「AR」とやらに興味があったからだ。
ようするに、
AS3でAugmented Reality(flashrod)
を見てからなのだが、それでARと言うものに凄く興味があった。
ので、早速作ってみた。

とは言え、俺はAS界隈で有名な皆様方のように超絶技巧と言うわけでもないので、
とりあえずソレっぽいものを色んな人のコードを継いで接いで作って、
妄想力を高めてからやる気を出していこうと言う作戦。
何せ、まだMetasequoiaクラスに悩み中だからなぁ。
と言うか、こっちに気をとられてMetasequoiaのアルファマップはちょっと後回ししてた。


今回は、
ようやくロードして回せるようになったネギ娘と、
Webカメラ画像の色重心を判定するFlash(シン石丸の電脳芸事ニッキ)
のコードを丸借りさせてもらい、
本当に初期の初期と言うものを作ってみた。
とりあえず、今後は正方形を認識してモデルの大きさを変化させたり、
例えば3秒に1回認識を行い、その都度ミクが歩いて移動するなどのエフェクトを作りたい。
あとは、ネギ振りギミック入れたりかな。

続きを読む >>
LOAD TO NEGI 〜Papervision3Dでネギ〜(1):問題点洗い出し

さて、はちゅねミクをPapervision3Dで表示する話だが、
note.xさんの方ではたった3回で終わってしまった
が、実際はかなり色々とやらないとダメっぽくて、
PV3D初心者の俺には丁度いい壁だ。
ということで、ちょっと時間をかけて色々実験することにしてみた。

まず、ミクのメタセコイアモデルをPapervision3Dで表示させるには、以下の問題がある。

  • 重い
  • ポリゴンが欠ける
  • ほっぺがグルグルにならない
このうち、「重い」「ポリゴンが欠ける」は、まぁ3Dモデリング力とかが重要なので、
ちょっと置いておこう。
Away3Dの「CORRECT_Z_ORDER」とか言う機能を使えばいい感じで表示できるらしいが、
俺はまだそこまで行ってない。

まずは、「ほっぺがグルグルにならない」を解決する必要があるわけだ。

続きを読む >>
ネギ下さい。

note.xさんとネタがカブッたそうだ。
しかも、清清しいほどに同じネタ。
しかし、そのお陰でMetasequoiaクラスを苦労なく使えるのだ。
ハッピーすぎて涙が出てくるね。
今までColladaで苦しめられたのは一体なんだったんだろうか。

しかし、note.xさんも言及していたが、ちょっと重すぎる。
ポリゴンの欠けが多いし、その辺りはう〜・・・むと言った所。
そこで、解決のためにモデルを改造。
凄く軽くなった。もはや完璧といってもいいだろう。

続きを読む >>
Papervision3Dムズイ。でもネギが見えてきた。

Papervision3Dを使って、ようやくColladaファイルの表示に成功した。
つか、ココまで長かったわ〜。
Blenderの最新版だとMQOインポータが上手く動かなくて、
かなり禁断の解決方法をとったし、
Blenderで読み込んだテクスチャが上手くいかなくて、
多分余計なステップがいくつか挟まってるからもう一回だし。
表示できたものも若干ポリゴンが無茶苦茶だしな〜。

そして、読み込めるColladaファイルのバージョンは1.4.0形式らしいと知るのに、
また手こずった。

ちなみに、rascutでブラウザにずーっと出してたら、
やたら重くて焦った。
3D出しっぱなしはまずいな。
あと、基本的なところでテクスチャをrascutで読み込めるようにしてなかったぽい。
rascut使わずにswf見たらいつの間にか出来てたもんな。

続きを読む >>

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"